【無料】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※巨乳の学生が無理やりクンニ〜中出しされてしまう。

【現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー】

<<お試し読み>>

この漫画はブッコミで無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

詳細

【作品一覧】

第1話 「恥ずかしいけど勝つためなら…」
過激セクハラに流される女子大生

第2話 「巨根ってこんな奥まではいるの!?」
ゲーム中にチャラ男のをハメれられて

第3話 「彼氏以外のでイっちゃった」
最低チ○コで中に出されても抗えず

第4話 「それから私は毎日のように…」
チャラ男たちにオ○ホのように扱われ

第5話 「次で…次でやめよう」
そう思ってるのにデカチンセッ○スの快楽に溺れて

第6話 「もうゲームなんてどうでも…」
すべてを捨ててチ○コに服従したスケベメス

 

ネタバレ・あらすじ

私は会えばどこか遊びに行くわけでもなく、ホテルに行きセックスするだけの関係でした。

また、先輩の彼女さんは、不規則で残業が多い先輩の仕事を理解することができなかったようで、そのことでたびたびケンカが絶えなかったようです。

普通に職場で先輩後輩として、お互いのプライベートの話しをするほど仲が良く、お互い惹かれあっていたのかもしれません。

(少なくとも私は惹かれていました)

 

お互い彼氏彼女がいる手前、それ以上の発展はありませんでした。

忘年会の日に私がぐでんぐでんに酔っ払って、歩けなくなり、先輩は店から少し離れた駐車場までおんぶしてくれました。

 

先輩は呑んでなかったので、私を車に乗せ、まだ私の家を知らなかったのでとりあえず先輩の家まで連れていってもらいました。

 

先輩の家は二階でそこまでもおんぶして連れてっていってもらいました。

 

とりあえず、先輩の家のベッドに寝かせてもらって介抱してもらいました。

 

ベッドには私だけが横になり、先輩は床に座って私の様子をうかがっているだけでした。

 

【現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー】

<<お試し読み>>

この漫画はブッコミで無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

みどころ

先輩は一切手を出してこなかったのですが、酔った勢いでついつい私が抱きしめてしまいました。

 

すると、先輩もその行動に応えてくれるかのように抱きしめ返してくれて、もう私のスイッチが入ってしまい、先輩に「触って」と言い先輩の片手をズボンの上から股に持って行きました。

 

先輩は戸惑いながらもズボンの上からワサワサと触ってくれ、たくさんキスをしてくれました。

 

お互いまだ別れてない彼氏彼女がいるのにと思いながらもう酔ってる私の身体は熱くなってしみました。

 

我慢出来なくなってズボンの上から触っていた先輩の手を自らズボンの中に持っていき「して。」とおねだりすると「本当にいいの?」と優しく確認してから服を全部脱がせて、先輩と初めてエッチをしました。

 

先輩も私に一応彼氏がいる手前、優しく優しく確認しながら触ったり、挿入してくれました。

 

結局お互いの彼氏彼女とは次の日、正式に別れて正式に先輩と付き合って、それからはゴムなしの外出しでエッチしてます。

【現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー】

<<お試し読み>>

この漫画はブッコミで無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓