【無料】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※素人女子大生が中出し!!

【現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー】

<<お試し読み>>

この漫画はブッコミで無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

詳細

【作品一覧】

第1話 「恥ずかしいけど勝つためなら…」
過激セクハラに流される女子大生

第2話 「巨根ってこんな奥まではいるの!?」
ゲーム中にチャラ男のをハメれられて

第3話 「彼氏以外のでイっちゃった」
最低チ○コで中に出されても抗えず

第4話 「それから私は毎日のように…」
チャラ男たちにオ○ホのように扱われ

第5話 「次で…次でやめよう」
そう思ってるのにデカチンセッ○スの快楽に溺れて

第6話 「もうゲームなんてどうでも…」
すべてを捨ててチ○コに服従したスケベメス

 

ネタバレ・あらすじ

僕は今、大学4年生の21歳です。

 

今回は僕が感動、嬉しかった、ことについて書いていこうと思います。

 

僕には現在、彼女がいるのですがその彼女と付き合い始めたのは約1年前のこと。

 

 

彼女は彼氏ができるのは僕が初めてでした。

そして、僕は彼女がいたことはあるのですが、ちゃんとした肉体関係を持つのは初めてでした。

 

そう、実質お互いに初めてだったのです。

 

女性器をまともに触るのが初めての僕はとても緊張していました。

初めてのくせに「彼女のことをイかせたい」「イかせられる」と思いこんでいて、一生懸命に手でそれっぽいことをしました。

 

すると、彼女はとてもビクンビクンと体を動かします。

 

「これはきいているぞ」と思った僕はそれを続けました。

どうあがいても彼女は全くイく様子がありません。

 

何度やってもイく様子はありません。

 

彼女が気持ちよくなっていると思っていましたが、むしろ「刺激が強すぎる」と逆に不快感を与えてしまっていました。

 

【現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー】

<<お試し読み>>

この漫画はブッコミで無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

みどころ

初めての彼女にとってはそもそも刺激が強く、初めての僕は強く触り過ぎていたのです。

 

なんだかとても悔しくなり、そこから、僕の試行錯誤の日々が始まりました。

 

どうやったら手で女性をイかせることができるのか、保険の先生に聞きまくりました。

 

そういったことが話せる友達にも聞きまくりました。

 

女友達にも聞きました。そして、挑戦しまくりました。

【現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー】

<<お試し読み>>

この漫画はブッコミで無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓